飛蚊症

飛蚊症とは

飛蚊症とは実際は何もないのに、視界に黒く小さな虫のようなものが浮かび、動いているように見える状態です。虫のようなものの大きさや形はいろいろあり、視線に付いてくるように動くこともあります。特に問題がないケースもありますが、失明につながる重大な病気の症状として現れることがあるため注意が必要です。
飛蚊症の症状が現れる年代に特に偏りはなく、20歳代からご高齢の方まで幅広い年代の方が発症します。

飛蚊症の原因

特に問題のない生理的飛蚊症とできるだけ早く治療を受ける必要がある病的飛蚊症に分けられます。

生理的飛蚊症

眼球の中にはゲル状の硝子体という物質で満たされています。この硝子体が変化してシワができ、その陰が黒く見えるのが生理的飛蚊症です。この場合には、特に問題はなく、治療の必要はありません。
ただし生理的飛蚊症には、加齢によって硝子体から網膜が剥がれて黒く見える場合があり、これは速やかな治療が必要です。

病的飛蚊症

網膜裂孔、網膜剥離、高血圧・糖尿病・外傷などによる硝子体出血、そして細菌・ウイルス・アレルギーによって起こる炎症によるぶどう膜炎などが原因で起こる飛蚊症です。こうした病気では、まず飛蚊症が現れて、それを放置すると急激な視力低下や失明の可能性もあるため、すぐに眼科専門医を受診する必要があります。

飛蚊症の対策

飛蚊症の対策大幅な視力低下や失明につながる可能性がありますので、飛蚊症がなぜ起こっているのかを眼科できちんと調べてもらいましょう。特に下記のような症状があったら、できるだけ早く眼科専門医を受診し、深刻なトラブルにつながらないようにしてください。

  • 急に黒い点が増えた
  • 急に黒い点が見える範囲が大きくなった
  • 暗い場所にいる時、光がないはずなのに稲妻のような光が突然見える
  • 急に視力が低下した
  • 視野の一部分に欠けがある

※視野の欠けは両目で見ているとわかりにくいため、見え方に変化があったと感じたら片目で見て、見えない部分がないかを確かめてください。
当院では網膜裂孔・網膜剥離の場合にはレーザー光凝固術を行っております。

TEL:042-686-3370
一番上に戻る